調査研究海外派遣助成(公募)について

 調査研究海外派遣助成事業の目的
 公益財団法人放射線影響協会(放影協)が実施する調査研究海外派遣助成事業は、放射線影響に関する調査研究のため海外の研究機関に派遣される研究者に対して旅費を交付し、もって、我が国の科学技術の進展及び国民保健の増進に寄与することを目的としています。

 応募資格
 大学及び研究機関等において放射線影響に関する研究を実施している研究者で、次の各号の資格を有する者とします。
  (1) 大学卒業者又はこれと同等以上の学力を有する者
  (2) 調査研究・討議等を行うに十分な語学力を有する者
  (3) 受け入れ機関の承諾等を受けている者
  (4) 健康状態が良好な者

 助成の対象となる経費等
 助成の対象となる経費は、調査研究のため海外研究機関への派遣に必要な旅費(航空賃、滞在費等)の一部又は全部とします。
 なお、放影協は、海外派遣中の事故、疾病についての責任は負いません。

 応募の方法
 募集は、毎年3回、公募により行います。
 申請者は、様式「調査研究海外派遣助成金交付申請書」に必要事項を記入し、所属機関長(研究機関、大学においては所長、学部長等の部局長相当以上の長を含む。)の推薦を得て、次表の期日までに放影協理事長あて提出(郵送)してください。副所長、副学部長、主任教授等の職位の方の推薦は受付ません。

国際研究集会等への出発予定日 募集締め切り日
4月、5月、6月、7月
8月、9月、10月、11月
12月、1月、2月、3月
1月15日
5月15日
9月15日

 申請書には、調査研究等の概要に加え受け入れ機関の承諾書も添付してください。なお、承諾書は後日提出でも構いません。

 調査研究海外派遣助成金交付申請の選考
 放影協の選考委員会の審議、理事会の承認により決定し、その結果を申請者に通知します。

 選考基準
 助成研究者は次の要件を満たしていなければなりません。
  (1) 調査研究海外派遣助成事業の目的に合致していること。
  (2) 本応募資格に合致していること。

 報 告
 助成研究者は帰国後速やかに出張報告書を放影協理事長に提出してください。

 応募書類提出先・お問い合わせ先
       〒101-0044
       東京都千代田区鍛冶町1丁目9番16号 丸石第2ビル5階
       公益財団法人 放射線影響協会 企画部
       電話 03-5295-1483
       ファクシミリ 03-5295-1486