公益財団法人
 



放射線影響協会の新型コロナ感染症緊急事態宣言発令に伴う対応について
関係者 各位
令和3年1月8日   
公益財団法人放射線影響協会   

 当協会では、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防ぐため、時差出勤等を活用し感染防止に努めておりましたが、この度政府から2回目の緊急事態宣言が発出されたことを受け、一部職員が在宅勤務の措置をとることといたしました。
 このため、担当部署と電話連絡がつかない場合は、Eメールにてご連絡いただくか、又は、以下の連絡先までご連絡をお願いいたします。
 緊急事態宣言が解除され通常勤務に戻る場合は、改めてホームページでご案内いたします。
 皆様には、ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。
 TEL : 03-5295-1481 FAX : 03-5295-1486 

<放射線従事者中央登録センター>
 緊急事態宣言の発令に伴い、在宅勤務等の活用により協会事務所での執務人数の一部を減らす対策を実施しておりますが、原子力、除染等の被ばく線量登録管理制度に係る登録等の業務、放射性同位元素等規制法等の法令に基づく記録の保管及び個人記録の開示請求などに係る業務については、通常どおり運営を行っております。
 TEL:03-5295-1790(RI)・1789(原子力)・1788(手帳)・1558(除染)

<放射線疫学調査センター>
 緊急事態宣言発令期間中、放射線疫学調査センターにつきましては、在宅勤務を実施しておりますので、お手数ですが、センターへのお問い合わせにつきましては、メールにてお願い致します。
 皆様には、ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お知らせ
2021/1/19 放影協ニュースNo.105を掲載しました。
2020/12/14 令和2年12月11日(金)開催 放影協シンポジウム2020は終了いた しました。多数のご参加ありがとうございました。
2020/12/8 令和2年12月8日(火)開催 令和2年度放影協開催講座(ICRPセミナー)は終了いたしました。多数のご参加ありがとうございました。
2020/10/22 Radiation Protection Dosimetryに論文が掲載されました。
2020/10/22 Research paper has been published in Radiation Protection Dosimetry.
2020/10/22 日本放射線影響学会、日本保健物理学会、日本産業衛生学会への発表を 行いました。
2020/10/21 除染等業務従事者等被ばく線量登録管理制度における四半期毎の線量分布 [2019年7月から2020年6月]を公表しました。
Dose distribution among workers engaged in decontamination and related work per quarter
{Flash report} [From July 2019 to June 2020]
関係機関からのお知らせ
2021/1/19 放射線障害防止中央協議会からの「令和2年度(春期)「放射線安全管理研修会」開催のお知らせ」

協会の使命・経営理念・行動指針、沿革、組織図
業務・財務資料等

協会刊行物

●原子力放射線業務従事者被ばく線量登録管理制度

●除染等業務従事者等被ばく線量登録管理制度
●RI放射線業務従事者被ばく線量登録管理制度
●法令に基づく記録の引渡し

放射線の影響がわかる本

放射線疫学調査

ENGLISH

放射線の生物・環境影響等に関する
助成・顕彰事業の紹介


◆ 本ホームページのご利用にあたって

adiation ffects ssociation

公益財団法人 放射線影響協会(略称:放影協)
〒101-0044              
東京都千代田区鍛冶町1丁目9番16号
丸石第2ビル5階
              <地図はこちら>