公益財団法人 放射線影響協会 放射線影響協会疫学センター

文献

参考文献References

当協会の実施する疫学調査結果を理解する上で、参考となる論文名等を記載しました。
放射線による人体への影響については、多数の人を長期間観察した疫学調査が基礎となります。現在の放射線防護の考え方の基本となっているLNTモデルは、広島・長崎の原爆被ばく生存者の方々の調査結果が基になっています。一方、低線量・低線量率の被ばくに関する疫学調査には、原子力施設作業者、放射線科医・技師などを対象とした職業被ばく、また、チェルノブイリ事故やテチャ川汚染地区住民、高自然放射線地域住民などを対象とした環境放射線の被ばくに関する調査などがあります。
ここでは、原爆被ばく者調査及び原子力施設作業者に関する疫学調査の論文名を中心に掲載しました。

固形がんについて、高線量域と同じ放射線リスクがあることを示した仏・英・米3か国に関するINWORKS論文

David B Richardson, et,al.
“Risk of cancer from occupational exposure to ionising radiation : retrospective cohort study of workers in France,
the United Kingdom, and the United States (INWORKS)” BMJ 2015 ; 351, published 20 October 2015.
http://dx.doi.org/10.1136/bmj.h5359

白血病について、低線量域でも、有意なERRが得られたことを示した仏・英・米3か国に関するINWORKS論文

Leuraud K, Richardson DB, Cardis E, et al.
“Ionising radiation and risk of death from leukaemia and lymphoma in radiationmonitored workers (INWORKS) : an
international cohort study”
Lancet Haematol 2015 ; published online June 22.
http://dx.doi.org/10.1016/s2352-3026(15)00094-0

15か国共同研究についての解析結果の論文

E. Cardis, et al.
“Risk of cancer after low doses of inonizing radiation-retrospective cohort study in 15 countries”
BMJ 2015; 331, published 07 July 2005.
http://dx.doi.org/10.1136/bmj.38499.599861.E0

15か国共同研究の前提として、個人線量が比較可能なように線量計誤差に関する研究を行い、かつ、実効線量を臓器線量に変換した論文

I Thierry-Chef, et al.
“The 15-Country Collaborative Study of Cancer Risk among Ratiation Workers in the Nuclear Industry : Study of
Errors in Dosimetry”
Ratiation Research 167, 380-395, April 2007.

高線量域における放射線リスクが線形性を示すことを示した原爆被ばく者に関する調査結果
の論文

Preston DL, Ron E, Tokuoka S, et al.
“Solid cancer incidence in atomic bomb survivors : 1958-1998”
Ratiation Research July 2007; 168 : 1-64.

ロシアのMayak Production Associationで核作業従事者に対するプルトニウム内部被ばくに関して、肺がん罹患リスクは、被ばく量と線形関係にあることを示した論文

Mikhail Sokolnikov, Dale Preston, Ethel Gilbert, Sara Schonfeld, Nina Koshurnikova “Radiation Effects on Mortality
from Solid Cancers Other than Lung, Liver, and Bone Cancer in the Mayak Worker Cohort : 1948-2008”
Plos ONE 2015 ; 10 e0117784, published February 2015.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4342229/pdf/pone.0117784.pdf